CONDUCTOR

​指揮者紹介

​佐々木 新平

秋田県出身。東京学芸大学芸術文化課程音楽専攻を経て、桐朋学園大学にて指揮を専攻。ヨーロッパ各地の国際指揮マスタークラスに選抜され、J.パヌラ、H.アンドレシュク、M.ストリンガーら巨匠たちの薫陶を受ける。2013年からミュンヘンへ留学。ドイツを中心にヨーロッパ各地でさらなる研鑽を積んだ。2012年の第9回、2017年の第10回フィテルベルク国際指揮者コンクールにおいてディプロマ、2015年ブザンソン国際指揮者コンクールにおいて本選最終の8人に選出。

これまでに東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団、山形交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、日本センチュリー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、東京混声合唱団、東京佼成ウインドオーケストラ、東京吹奏楽団、シエナ・ウインド・オーケストラ等、国内主要楽団に客演。

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団においては、2010年より指揮研究員を務め、飯守泰次郎、矢崎彦太郎両氏をはじめとする指揮者のもとで活動。その後2019年9月まで、同団アソシエイト・コンダクターを歴任。特別演奏会から文化庁主催子供のための巡回公演事業に至るまで様々な活動で共演を重ねている。

オーケストラを中心に、吹奏楽、合唱、オペラ、バレエ等あらゆるシーンで才能を発揮する他、映画「マエストロ!」や「海賊とよばれた男」といった名作における出演者への指揮指導、劇中音楽のスタジオ収録、スクエア・エニックスをはじめとするゲームミュージック等ポップカルチャーから発信される芸術分野においても、多くのレコーディングや公式オーケストラコンサートの指揮を務め、多方面に活動の幅を広げている。

当団とは第11回から第13回定期演奏会で共演。

​長野 力哉

東京生まれ 桐朋学園大学音楽学部卒業

指揮を小澤征爾、山田一雄、尾高忠明、小泉和裕、ジャン・フルネの各氏に、ピアノを小森谷泉氏に、対位法を尾高惇忠氏にそれぞれ師事した。
大学在籍中より九州交響楽団の指揮。九州芸術祭参加。
1987年より西ベルリンに留学。ベルリン芸術大学においてカール・ビュンテ教授に師事する一方小沢征爾氏の推薦を受け、ベルリンフィルハーモニーのもとで87年から90年の間行われた、ほぼ全てのリハーサル及びレコーディングに立ち会い、研鑽をつんだ。

これまでに東京都交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、北九州交響楽団、上野の森交響楽団、京都フィロムジカ管弦楽団、長野県フィルハーモニー管弦楽団、栃木県オーケストラ連盟、福岡教育大学管弦楽団、千葉大学管弦楽団、専修大学フィルハーモニー管弦楽団、千葉少年少女オーケストラ、藤沢市民交響楽団、三友合唱団などを指揮。
全国各地に於ける指揮活動を行っている。

​当団とは第1回から第10回定期演奏会にて共演。

© 2020 Chiba University OBOG Orchestra